海の中に立つ鳥居「大洗磯前神社」 神が降り立ったとされる最強のパワースポット!

日本文化を象徴する朱色の鳥居風景は、日本旅行に来たのなら絶対に見ておきたい風景です。今回はそんな鳥居の中でも珍しい、海の中に立つ鳥居がある「大洗磯前神社」について紹介します。 神磯の鳥居 「大洗磯前神社」といえば、有名なのがこの「神磯の鳥居」です。境内から少し歩き、細い道を抜けるとこの鳥居は見えてきます。海の荒波の中に凛とそびえたつ姿には、力強さを感じます。岩には、御祭神・大己貴命と少彦名命という神が降り立ったと言われています。 平安時代初期(856年)にこの二人が「昔、この国を造り終えて、東の海に去ったが、今人々を救うために再び帰ってきた」と、この地にご降臨されました。それがきっかけで、この神社が創建されたといわれています。「神が降り立ったと言われる神聖な場所ですので、岩には登らないでください」との注意書きがあります。日本語でしか書かれていませんので、登らないように気を付けてください。 大洗磯前神社 海の中の鳥居を背に向け、大きな鳥居と長い階段を進むと拝殿があります。御社殿は戦国時代に全焼してしまったそうですが、「水戸黄門」として知られる徳川光圀公により再建されました。 これは磯前神社の大神様である、大黒さまと恵比寿さまです。撫でることで福をいただくことができると書かれています。 境内の階段の上の鳥居からも海が見え、景色がとても美しいです。日の出の時間には絶景を見ることができ、毎年初日の出の時にはたくさんの人で賑わいます。初日の出とは、1月1日(元日)の日の出(太陽が水平線や地平線から姿を現す様)のことで、日本では一年に一度の最初の夜明けでめでたいとされています。 情報 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890最寄り駅:大洗駅営業時間:24時間料金:無料

アニメと日本文化が交わる神社!?「神田明神」で運気アップ

1300年近くの歴史をもつ神田明神。ここは江戸三大祭のひとつでもある神田祭をおこなう神社としても知られています。アニメやマンガの街である秋葉原駅や、お茶の水駅からも歩いてこれる神社です。 神田明神に祀られている神様は、縁結びの神様であるだいこく様、商売繁盛の神様であるえびす様、除災厄除の神様であるまさかど様の三柱いらっしゃいます。 そのため、ご利益もそれぞれのものを受けることができ、都内では強力なパワースポットとして有名です。 実は私も神田明神で運気を上げようと思い、今年の初詣(年が明けてから初めて神社や寺院などに参拝する行事)では、ここにお参りに来ました。 神田明神の歴史 730年に創建された神田明神が今の場所に移されたのは1616年のことです。これ以降、この神社は「江戸総鎮守」として、町民から将軍家まで幅広い人々に崇拝されてきました。現在も、神田、日本橋、秋葉原、大手町・丸の内など108の町々の総氏神様としてこの街を守り続けていると言われています。 アニメと神社のコラボアイテム話題に!? https://www.zenmashiniki.com/ 歴史ある神田明神ですが、近年はアニメの限定グッズが手に入る場所として話題になっているそうです。現在は人気アニメ「ラブライブ!」とのコラボしたカステラまんじゅうや「ご注文はうさぎですか??」のオリジナルグッズが販売されているようです。アニメグッズの他にも、本殿の左側の大きな建物内にたくさんのお土産が販売されていますので、是非お立ち寄りください。 情報 住所:東京都千代田区外神田2-16-2最寄り駅:御茶ノ水駅、秋葉原駅、末広町駅、新御茶ノ水駅営業時間:24時間料金:無料