浅草観光の次は「東京スカイツリー」へ!眺めるだけじゃないスカイツリーの楽しみ方

東京スカイツリーとは、2012年に作られた電波塔です。その高さは634メートルで、世界一高い電波塔としてギネスにも登録されています。 634という数値は日本人にとってなじみ深い響きのある言葉で、武蔵国を連想させるものです。たくさんの人に覚えて欲しいという思いが、この数値には込められています。 アクセス 浅草からは約1.5km、歩いて20分ほどで東京スカイツリーへ到着します。少し距離があるように感じますが、景色を楽しみながら歩くと意外とすぐに着きます。 東京スカイツリーのすぐ近くには「とうきょうスカイツリー駅」と「押上駅」がありますので、電車での移動ももちろん可能です。浅草からは電車で5分、羽田空港や成田空港からも40~50分程で到着します。 タワーに登ってみよう 東京スカイツリーは眺めるだけでなく、登ることもできます。 http://www.tokyo-skytree.jp/floor/2nd/ 「天望デッキ」は360度の開放的な空間になっており、天気がよければ最高のパノラマビューを楽しめます。東京だけでなく、隣の県の横浜ランドマークタワー(神奈川県)や成田空港(千葉県)まで見えるというから驚きです。 天望デッキのさらに上には「天望回廊」があります。ここでは、地上445メートルから450メートルへ進む道がガラス張りの回廊になっています。 料金(2019年4月現在) 天望デッキ+天望回廊:18歳以上 3100円、12歳~17歳 2350円、6歳~11歳 1450円天望デッキのみ:18歳以上 2100円、12歳~17歳 1550円、6歳~11歳 950円天望回廊のみ:18歳以上 1000円、12歳~17歳 800円、6歳~11歳 500円※価格は平日・当日券の値段です。※休日は上記価格とは異なります。※日時指定券は上記価格とは異なります。 >>詳細はこちらから 買い物や水族館、プラネタリウムも楽しめる 東京スカイツリーの下には、すみだ水族館、プラネタリウム、東京ソラマチがあります。 http://www.tokyo-solamachi.jp/enjoy/spot/sumida-aquarium.html すみだ水族館では、ペンギン、クラゲ、「東京諸島」の海をテーマした東京大水槽、日本最大級の金魚展示ゾーンを見ることが出来ます。 >>詳細はこちらから http://www.shikoku-np.co.jp/national/culture_entertainment/photo.aspx?id=20180104000352&no=1 プラネタリウムは「星空をとことん楽しむ」をコンセプトに、映像と音楽、アロマで星空を楽しむことが出来ます。とっても幻想的な空間なので、カップルにもおすすめです。 >>詳細はこちらから 東京ソラマチは300以上の店舗が立ち並ぶ大型ショッピング施設です。東京スカイツリー限定のアイテムや限定スイーツなどもありますので、是非立ち寄ってみてください。 情報 東京スカイツリー住所:東京都墨田区押上1丁目1-2最寄り駅:とうきょうスカイツリー駅、押上駅営業時間:8:00〜22:00(最終入場21:00)

電車やタクシーだけじゃない!浅草で利用可能な移動手段3つ

移動手段といえば、電車とタクシー?それだけじゃないんです。今回は、浅草の雰囲気などを感じながら利用できる移動手段を紹介します。 1.人力車 雷門あたりをあるいていると、かっこいい筋肉質なお兄さんがたくさんいます。これは人力車という乗り物で、人が引いて走る車のことです。2人乗りが定番です。 浅草のおすすめポイントを巡って説明してくれ、浅草の雰囲気を肌で感じることが出来るのがこの乗り物の魅力です。 2.水上バス 浅草には隅田川という川が流れており、隅田川上を多くの水上バスが運行しています。ここからは、浜離宮・日の出桟橋・お台場海浜公園行きの船があり、水の上から街の景色を楽しむことが出来ます。 桜の季節などはとても人気です。普段は見れない景色を船から見ることができるのでワクワクすること間違いなしです! >>水上バスの詳細はこちらから 3.パンダバス パンダバスは、上野から浅草までを循環している無料バスです。1時間間隔でパンダを模したバスがやってきます。意外と歩き回る浅草。このバスならば、人気の合羽橋エリアや上野動物園へも連れて行ってくれます。 またそれぞれの座席には「パンダバスパスポート」という、人気観光地のお得な割引チケットが備わっています。雨の日の観光などでも是非利用したい乗り物です。うまく活用してみてくださいね! >>パンダバスの詳細はこちらから 自分の好みに合わせて、移動中も浅草の街を楽しみましょう。